UN-GO

「UN-GO」は、2011年秋期のオリジナルアニメ。
坂口安吾の小説を現代版にリメイクしたもの。現代版とはいっても、近未来ですけど。

 

ジャンルとしてはたぶん探偵もの、なんだけどちょっと異色。
だってちゃんとした推理とはいえないし。ううん、推理はしてるんですけどね。
きっと見ていただけたらわかるはず。
純粋に推理物としてみてしまったら、味気ないというか肩すかしというか、不満に思う人もいると思います。

 

単なるお話としては面白いですけど。

 

お話の面白さとして重要なもののひとつに、キャラクターが魅力的かどうか!というのがあります。
その点、UN-GOはすごく個性的なキャラクターに恵まれてると思うんですよね~。

 

主人公の結城新十郎と、そのパートナー・因果。まあ新十郎はふつうに主人公っぽい人ですけど、因果が!

 

因果が個性的に強烈で、その因果に気に入られて一緒に居る時点で主人公ですね。
その他、人間と見紛うばかりのコンピューターや、国家権力のコンサルタント、そして人間ならざるもの。

 

これだけでわくわくしてしまいます!

 

登場人物は全体的に年齢高めですね。
ヒロイン役ももちろんちゃんといますよ!
すごく(時々ズレてるけど)常識的な、ふつうの女の子。
素直で、肝心な所にしか出て来ない(そういう意味で)控えめな、視聴者側からしてみればこの上なく好感がもてる女の子でした←

 

劇場版も見たい!

 

 

コメントは受け付けていません。