FXで活用する為替チャートとは

資産運用の手段としてFXを利用する人が増加しています。FXで鍵を握るのは、チャートをどう読むかです。FXをする時に、為替チャートはどのように活かしていくのでしょう。為替チャートはFX取引を成功させるために大変重要なものですので、しっかりと学ぶ必要があります。円安、円高といった言葉が、経済関係のニュースには頻発します。何気なく聞き流していた言葉かもしれませんが、実はFXをする時には円高、円安かはとても重要な問題です。

 

今後の動きを予測するには、過去の為替の動きをグラフにした為替チャートというものが役立ちます。何種類かの為替チャートを組み合わせて使う人が多いようです。ラインチャートは、毎日の終値のグラフです。中値や始値でつくるラインチャートもあります。欧米ではバーチャートという名のチャートがよく使われます。最高値、最安値、始値、終値がわかります。始値、終値、高値、安値の4つのレートが一目でわかるロウソク足チャートは日本で考え出されたチャートです。

 

現在、FXではよく用いられています。為替チャートを作るときにはどのような時間軸で描くかも大事になってきます。チャート表によって時間軸は様々なですが、ロウソク足チャートでは、一本のチャートが一日単ならば日足チャートといいます。FXトレーダーのトレードスタイルや戦略によって使い分けられています。FXで効率的に差益を取りたい場合は、為替チャートの読み方や分析方法を知っておく必要があります。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。