FXチャートの見方

読み方を覚えなければ、FXのチャートは使えません。FXを成功させ、資産を増やしている人は少なくありません。FXを行う時には、相場への理解を深めることが求められます。為替の今後の動きを予測するには、FXチャートを参考にするのがおすすめです。基本的に、FXで多用されるチャート表では、横軸に時間軸、縦軸に為替レートを配置します。チャートの横軸で用いられる時間帯によって1分足、5分足、日足などと呼ばれています。

 

チャートの一つ一つがロウソクに似ていることからロウソク足チャートと呼ばれる為替チャートの表は、FXではごく一般的なものです。黒いロウソクは陰線、白いロウソクは陽線です。太い部分実線と呼び、細い部分をひげといいます。陰線はレート下降時、陽線はレート上昇時です。1分単位で書かれたものが1分足、一日単位で書かれたものが日足です。基本のFXチャートの見方として覚えておきたいことがあります。

 

実線が長ければその流れは続きますし、ひげが長いときは実線と反対方向に値動きの圧力がかかっていると考えられます。チャートを活用し精度を上げるためにはたくさん経験を積んで自分なりの分析方法を確立させることが大切です。今までの値動きから、これからの値動きを予測するのが、為替チャートを扱う際の前提です。幾つかの分析手段と組み合わせつつ、FX取引に活かしていくことです。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。