BLOOD-C

a1180_007653

 

「BLOOD-C」は2011年の夏アニメ。

 

 

12話で夏だけのはずなのになんだかとっても長かった気がする……www

 

 

これは劇場版が最初から想定されていたから、だらだら続いていたんですかねえ。
それは、いくない。うん。

 

 

このアニメのお話は劇場版の前振り、て感じがしますもん。
どうやって12話でこれを収拾付けるのかなあとか。

 

 

ストーリーとしては、さすがCLAMP先生ですねー、て感じ。
クロスストーリー大好きっぷりがモロに出てました。
楽しかったです(笑)

 

 

田舎の設定のはずなのにスタイリッシュな制服とか、妙に生徒数が揃ってたりとか、街の様子とか、何気に違和感あるんですよね。最初から。

 

 

それにもまた惹かれるんです。
こういう違和感ってエッセンスみたいでどきどきしません?

 

 

主人公はもちろん『小夜』。
どこにでもいないちょっと不思議系な女子高生。

 

 

自作の歌を歌いながら登校しますw
もうあれ聞くと次の日まで頭から離れてくれませんwww
昼間は女子高生、夜は日本刀持って『古きもの』を倒します!
この辺りはちゃんと踏襲してあります。
むしろそれ以外はCLAMP全開、みたいな(笑)

 

 

「BLOOD-C」は、CLAMP嫌いだときっと無理です。
そして今までの「BLOOD」作品を愛してる!なんて人も。
幸いわたしは前作2作とも見てなかったので見れましたけど……BLOOD-Cを見た後に『BLOOD THE LAST VAMPIRE』や『BLOOD+』をちらりと見ましたが、全然違いますね。
そこはご注意!